RSS

キャセイ航空が札幌線で大幅増便、今冬は3.5倍の週14便運航

2014年8月6日(水) 12時26分(タイ時間)
【中国】航空大手の国泰航空(キャセイ航空:293/HK)はこのほど、今冬に香港~札幌線を毎日2便態勢で運航すると発表した。期間は2014年12月20日~2015年2月28日にかけてとする。

 キャセイ航空は例年、レジャー旅客の需要が高まるクリスマス前から年末年始、旧正月にかけて輸送能力を増強する。今冬は定期便の運航を通常の週4便から週14便と3.5倍に拡充し、空運需要の増大に応える構えだ。

 香港~札幌線で、今冬の繁忙期に増便するのは、毎日1便運行のCX583/CX582便(金曜日はCX586便)と通常は水・木・土・日曜の週4便運航のCX581/580便の月・火・金曜の発着便。ボーイング747-400型機(総座席数359席)を投入する。

 一方、今夏の7月3日~8月30日についても、香港~札幌線を週10便に増便して運航している。通常は週4便。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報