RSS

ヤンマー、ベトナムでマグロ漁船の近代化支援

2014年8月6日(水) 12時27分(タイ時間)
【ベトナム】ヤンマーはベトナムでマグロ漁船の近代化支援プロジェクトを展開する。

 ベトナムの水産業は輸出額世界5位で、9万隻を超える漁船が稼働している。しかし、漁船のほとんどは中古エンジンを積んだ木造船で、低い漁業採算性、温室効果ガスの排出といった問題を抱えている。

 ヤンマーはこうした問題の改善に向け、船体がFRP(ガラス繊維強化プラスチック)製で、ヤンマー製ディーゼルエンジン(出力350馬力クラス)を搭載したマグロ漁船(全長18メートル、35トン)を製造。9月から現地で試験操業し、持続可能な漁法としての手釣り漁業、漁獲したマグロの鮮度保持や品質改善、温室効果ガス削減などの実証試験を行う。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】23日午後2時ごろ、タイ東部ラヨン県沖約7キロの海上で、タンクにつかまり漂流していたミャンマー人の男性2人(26、20)がタイ海軍の艦艇に救助された。

【ベトナム、中国】中国の船舶が故意に体当たりし、ベトナム漁船を沈没させる事態に発展した。

タイ南部に漁船修理センター 日本政府が307万バーツ無償供与newsclip

【タイ】日本政府が307・3万バーツを無償供与したタイ南部ソンクラー県サティンプラ郡の漁船修理・維持管理センターが完成し、2月25日、現地で式典が行われた。

インド人を漁船で強制労働、タイ人ら6人逮捕newsclip

【タイ】タイ警察は8日、人身売買容疑のインド人とタイ人の男計6人を逮捕し、4人の行方を追っていると発表した。

特集



新着PR情報