RSS

サムイ島行きフェリーが一時運休 漁民と対立で

2014年8月6日(水) 18時05分(タイ時間)
【タイ】タイ湾のサムイ島と本土のタイ南部スラタニ県ドーンサクを結ぶフェリーが地元漁民とフェリー会社シートランフェリーの対立で一時運航中止に追い込まれた。

 シートランフェリーのドーンサク―サムイ線は今年1月に運航が始まった。しかし、フェリーで漁具が破損したとして、地元漁民が運航中止を要求。今月4日に行われた会社と漁民側、地元当局による交渉は決裂し、5日朝、漁民約100人がドーンサクのふ頭を封鎖、シートランフェリーは同日午後3時から運航を中止した。両者は再度協議し、6日、シートランフェリーが漁民側に賠償金を支払うことで合意、6日午後3時、運航が再開された。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、26日午前3時ごろ、サムイ島のチャウェンビーチのバンガローで、宿泊客の26歳の中国人女性2人が客室に侵入した男にカッターナイフで切られけがをし、現金約10万バーツ...

【タイ】タイのテレビ報道によると、13日午前、バンコク発サムイ島行きのタイ国際航空TG281便ボーイング737―400型機が降着装置の不具合でバンコクのスワンナプーム空港に引き返し、緊急着陸した。乗...

サムイ島にセントラルSC、ユニクロなど入居newsclip

【タイ】タイ小売り大手セントラル・グループ傘下の不動産開発運営会社セントラル・パタナー(CPN)は3月29日、タイ湾のサムイ島に開発したショッピングセンター(SC)「セントラル・フェスティバル・サ...

覚せい剤12キロ所持、サムイ空港でインド人2人逮捕newsclip

【タイ】25日、タイ南部サムイ島のサムイ空港で、覚せい剤12キロ、末端価格4300万バーツ相当を所持していたインド人の男2人(51、41)が逮捕された。

【タイ】4日、タイ湾のリゾート、サムイ島のバーンタリンガーム村の海岸で、大量の黒い油が浮いているのがみつかった。



新着PR情報