RSS

大王製紙、タイと中国で子供用紙おむつ増産

2014年8月13日(水) 02時31分(タイ時間)
【タイ、中国】大王製紙は子供用紙おむつ「グーン」の生産能力を中国とタイで増強する。

 2013年11月に生産を開始した中国の連結子会社、大王(南通)生活用品(江蘇省南通市)で生産ラインを増設し、2015年8月に稼働。生産能力を現在の1・5倍に引き上げる。倉庫の拡張、工場隣接地の取得も含め、投資額は約41億円。中国の子供用紙おむつ市場は年率約115%で伸長。「グーン」は高品質な紙おむつを求める消費者に拡販を進め、着実に支持を拡大しているという。

 タイでは連結子会社のエリエールインターナショナルタイランドの生産ラインを増設し、9月に営業運転を開始する。生産能力は現在の1・3倍になる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】旭化成せんい(大阪市北区)はスパンボンド不織布を製造するタイ子会社、旭化成スパンボンド(タイ)の年産能力を現在の倍の4万トンに引き上げる。タイ東部チョンブリ県シラチャーの工場を増設し、20...

【タイ】タイ投資委員会(BOI)によると、大王製紙のタイ子会社エリエール・インターナショナル・タイランドは今年第4四半期をめどに、子供用紙おむつ「グーン」の年産能力を現在のほぼ倍の5億8500万枚...



新着PR情報