RSS

タイ南部クラビでスキミング横行、40人が被害

2014年8月14日(木) 03時02分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、7日から13日にかけ、タイ南部クラビ市内のATM(現金自動預払機)を利用した人から、知らない間に銀行口座から現金を引き出されたという被害届が相次いだ。

 被害者は40人、被害額は計100万バーツ以上に上る。被害者の1人はクラビ県のサッカーチーム、クラビFCの主将(31)で、口座の金32・4万バーツが台湾で引き出されたもようだ。

 警察はマレーシアの犯罪グループがATMにスキミング装置(カード情報を不正に読み取る装置)をしかけてカード情報を盗んだとみて捜査を進めている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】バンコク都内の現金自動預払機(ATM)で、利用者約40人がスキミング装置(カード情報を不正に読み取る装置)でカード情報を盗まれ、口座から現金を引き出される被害にあった。被害額は60万―70万...

スキミング容疑 ロシア人2人とタイ警官逮捕newsclip

【タイ】タイ警察は17日、東北部ナコンラチャシマ市で、ロシア人の男2人(38、27)とツーリストポリス所属のタイ人の警官の男1人(27)を逮捕し、偽造カード、現金290万バーツなどを押収した。



新着PR情報