RSS

バンコク―空港間高架鉄道、安全性への懸念浮上

2014年8月14日(木) 15時45分(タイ時間)
13日の記者会見の画像
13日の記者会見
写真提供、S.R.T.Electrified Train
バンコク―空港間高架鉄道、安全性への懸念浮上の画像
バンコク―空港間高架鉄道、安全性への懸念浮上
【タイ】バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクが必要とされる車両のオーバーホールを行わないで運行を続けているという指摘があり、安全性への懸念が浮上した。

 民主党のサマート前下院議員(元バンコク副都知事)が12日、交流サイトのフェイスブックで指摘した。それによると、エアポートリンクは車両のほとんどが走行距離が120万キロを超え、本来なら今年4月から1年程度かけ、順次オーバホールを行う必要があった。一方、一部車両の部品を外して他の車両に回したため、走行距離が1万キロに達していない車両もある。

 タイ国鉄(SRT)の子会社でエアポートリンクを運営するSRTエレクトリファイドトレインは翌13日、記者会見を開き、経営上の問題で、整備や部品の調達に支障を来したとして、前議員の指摘を大筋で認めた。その上で、車両を製造した独シーメンスとブレーキを納入した独クノールブレムゼに早急に点検、修理を依頼して当面の安全性を確保し、2015年10月から、3・8億バーツを投じ、オーバーホールを行うと説明した。

 エアポートリンクは翌14日午前7時から9時にかけ、バンコク都内のマカサン駅(シティターミナル)とスワンナプーム空港間をノンストップで運行する特急列車「マカサンエクスプレス」の運行を突然取り止め、特急車両を各駅停車として運行した。各駅の利用者が多いためだとしている。15日は通常運行に戻す予定だという。

 エアポートリンクは2010年8月に正式開業した。全長28キロ、全8駅で、スワンナプーム空港とバンコク都内を15―30分で結ぶ。開業から1年も経たない2011年3月、部品不足で特急の運行が5日間停止。2012年5月にも、部品不足で一部車両が使用出来なくなった。今年4月には、前年の5月に公募で社長に就任したピーラカン社長が経歴詐称で解任された。
《newsclip》

注目ニュース

タイのエアポートリンク運営会社社長、経歴詐称で解任newsclip

【タイ】タイ国鉄(SRT)の子会社でバンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクを運営するSRTエレクトリファイドトレインのピーラカン社長が経歴詐称により9日付で解任された。

【タイ】バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクは終点のパヤタイ駅と空港を結ぶ特急「パヤタイエクスプレス」の運行を13日で中止した。大規模な車両の整備修理のためとしてお...

【タイ】6日午前8時半ごろ、バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクのフアマーク駅で、各駅停車の列車が故障して立ち往生し、運行に遅れが出た。



新着PR情報