RSS

JBICなど、ラオスの発電ダムに6・4億ドル融資

2014年8月19日(火) 23時25分(タイ時間)
【ラオス】国際協力銀行(JBIC)は19日、関西電力などが出資するラオスの水力発電プロジェクト「ナムニアップ1水力発電所」の事業会社ナムニアップ1パワーに総額6億4300万ドルの協調融資を行うと発表した。JBICの融資分は2億ドル。

 ナムニアップ1パワーはメコン川の支流でラオス中部を流れるナムニアップ川に出力290メガワットの水力発電ダムを建設し、2019年に運転を開始する計画。電力はタイとラオスに売電する。
《newsclip》

注目ニュース

【ラオス】日立三菱水力は6月30日、メコン川の支流でラオス中部を流れるナムニアップ川に建設されるナムニアップ1水力発電所の機電設備工事一式を受注したと発表した。

【ラオス】関西電力はタイ発電公社(EGAT)、ラオス政府と合弁で、メコン川の支流でラオス中部を流れるナムニアップ川に水力発電ダムを建設し、2019年1月に運転を開始する計画だ。

ラオス南部の発電ダム、年内着工 韓国企業が出資・建設newsclip

【ラオス】タイ政府系電力会社ラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング・ホールディング(RATCH)によると、ラオス南部のセピアン・セナムノイ水力発電ダムの建設が年内に始まる見通しだ。



新着PR情報