RSS

JALも燃油サーチャージ値下げ 10月からタイ片道1万500円

2014年8月21日(木) 17時50分(タイ時間)
【アジア】日本航空(JAL)は10月1日発券分から国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を値下げする。

 日本で購入した場合、値下げ後のサーチャージ(日本発1旅客1区間片道)は▼タイ、シンガポール、マレーシア1万500円(現行1万3000円)▼ベトナム、フィリピン、グアム、パラオ6500円(同8000円)▼中国、香港、台湾5500円(同7000円)▼欧州、北米、中東、オセアニア2万1000円(同2万5000円)▼ハワイ、インド、インドネシア1万3500円(同1万6000円)▼韓国、極東ロシア2000円(同2500円)――。

 全日本空輸(ANA)も10月1日から燃油サーチャージをJALと同水準に引き下げる。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】全日本空輸(ANA)は10月1日発券分から国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を値下げする。

【タイ】日本航空とタイの民間航空会社バンコクエアウェイズはバンコクエアウェイズが運航するバンコク発着の東南アジア路線でコードシェア(共同運航)を拡大する。

【アジア】航空業界専門の英調査会社スカイトラックスが乗客の満足度調査からまとめた2014年の航空会社ランキングで、キャセイパシフィック航空(香港)が1位になった。



新着PR情報