RSS

中国:資源依存の黒竜江省でGDP成長鈍化、上半期は全国最低4.8%に

2014年8月27日(水) 13時05分(タイ時間)
【中国】地下資源に依存した成長を続けてきた中国東北部を中心に、経済活動の停滞が目立ってきた。

 なかでも黒竜江省は落ち込みがきつい。中国31行政区分のうち、黒竜江省の上半期GDP成長率は、最も低い4.8%に低迷。2四半期連続で全国最下位に落ち込んだ。

 石油・石炭に依存した産業の衰退が主因。黒竜江省14エリアのうち、地下資源で経済が支えられてきた鶏西、鶴崗、双鴨山、伊春、七台河では、今年上半期の経済規模がマイナス成長を強いられている。

 このほか河北省、山西省、吉林省も成長鈍化に見舞われた。資源相場の下落などが重し。上半期のGDP成長率は、それぞれ5.8%、6.1%、6.8%に低下した。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報