RSS

ベトナム3カ所でH5N6型鳥インフル

2014年9月1日(月) 12時29分(タイ時間)
【ベトナム】国営ベトナム通信によると、H5N6型の鳥インフルエンザウイルスがこのほど、北部のラオカイ省のキジ飼育場で検出された。

 H5N6型ウイルスは8月中旬、北部ランソン省、中北部ハティン省でも検出されている。同ウイルスは中国・四川省で死者が出ており、ベトナムで見つかったウイルスは中国で検出されたものと遺伝子型が99%共通しているという。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】中国沿海部の浙江省で、鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染が広がっている。

【中国】「H7N9」型鳥インフルエンザの死亡率について、疾病予防当局の専門家が11%に上るとの見方を示している。

特集



新着PR情報