RSS

世界競争力 日本6位、タイ31位

2014年9月3日(水) 13時23分(タイ時間)
【アジア】スイスに本拠を置く研究機関、世界経済フォーラム(WEF)が各国・地域の競争力を評価した2014年版の世界競争力報告で、タイは144カ国・地域中31位と、前年から順位を6つ上げた。

 タイの項目別評価は「知的財産の保護」104位、「不正な支出、贈賄」84位、「政府の無駄遣い」115位、「組織犯罪」89位、「企業倫理」92位、「投資家保護」12位、「交通インフラの質」76位、「財政収支」27位、「平均余命」70位、「初等教育の質」90位、「成人のHIV感染率」110位、「国内市場規模」23位――など。

 競争力の総合1位はスイスで、2位シンガポール、3位米国、4位フィンランド、5位ドイツ、6位日本、7位香港、8位オランダ、9位英国、10位スウェーデン。

 アジア諸国・地域は台湾14位、マレーシア20位、韓国26位、中国28位、インドネシア34位、フィリピン52位、ベトナム68位、インド71位、スリランカ73位、ラオス93位、カンボジア95位、ミャンマー134位――など。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】スイスのビジネススクール、IMDがまとめた2014年版の世界競争力ランキングで、タイは前年から順位を2つ下げ、調査対象の60カ国・地域中29位だった。政局の混乱が足を引っ張った。



新着PR情報