RSS

中国:韓国で中国人による土地購入が加速、5年で300倍近くに

2014年9月4日(木) 12時18分(タイ時間)
【中国】韓国で中国人投資家による不動産購入が加速している。

 韓国有数のリゾート地である済州島(チェジュド)に中国人が保有する土地の面積は今年6月末時点で592万2000平米となり、2009年の2万平米から296倍に急増した。地価ベースでは、5807億ウォン(約600億円)へと1450倍強に膨らんでいる。

 済州島では2010年に不動産投資移民制度が導入された。現時点で外国人が済州島に保有する土地の面積は全体の1%程度にとどまるが、中国人による購入は急拡大。韓国メディアによれば、今年6月末時点で外国人の保有面積は1373万8000平米となり、うち中国人の保有地が43%を占めている。2009年の同比率は1%未満だった。

 こうした中国人投資家の急速な“土地買い占め”に対し、韓国国内では懸念の声も上がり始めた。韓国の与党・セヌリ党の議員は、中国人による土地購入がもたらすプラスとマイナスの影響をあらためて精査する必要があると強調している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】韓国産キムチの対中輸出が苦戦を強いられている。

【中国】韓流ドラマの放送枠拡大に伴い、若い中国人カップルのあいだで、韓国式「結婚記念写真」の人気が高まっている。結婚記念写真を撮影するために韓国を訪れる中国人カップルは、4~5年前から右肩上がりに増...

【中国】韓国での土地購入が中国人投資家の間でブームとなっている。

特集



新着PR情報