RSS

タイ・レムチャバン港のヤードクレーン5基、三井造船がハイブリッド化改造

2014年9月5日(金) 00時50分(タイ時間)
【タイ】三井造船は4日、100%出資子会社の三造テクノサービス(岡山県玉野市)がタイ東部レムチャバン港のレムチャバン・インターナショナル・ターミナルのコンテナヤード用ヤードクレーン5基を現地工事2カ月でハイブリッド化改造し、8月に引き渡したと発表した。

 2013年1月に同ターミナルで実施したハイブリッド化改造の初号機の良好な省エネ実績により、受注した。初号機では燃費が時間当たり8L以下(50%省エネ)という世界トップクラスの省エネ性能を実現し、その成果が評価された。今回の工事では、この改造初号機の省エネ技術を引き継ぐとともに、蓄電システムを更新することで、発電機とバッテリーのエネルギー分担の最適化を図った。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】三井造船は14日、ベトナム北部ニソンの製油所・石油化学コンプレックスを建設する日揮、千代田化工建設、仏テクニップ、韓国GS建設、SK建設のジョイントベンチャーから、蒸気タービン発電設備...

【シンガポール】三井造船は7日、米石油大手エクソンモービルがシンガポールのジュロン島に建設する世界最大規模のハロブチルゴム及び接着剤用特殊樹脂の生産設備を受注したと発表した。詳細設計、機材調達、建...

【タイ】三井造船は10日、タイの小規模発電事業者(SPP)向け蒸気タービン発電設備をエンジニアリング各社から連続受注したと発表した。37メガワット2軸型3基、30メガワット1軸型1基、17メガワッ...

【ベトナム】三井造船はベトナムに石油精製・石油化学プラントなどに使用されるプロセス機器を生産する合弁会社を設立し、2014年6月から本格稼働する計画だ。



新着PR情報