RSS

中国:江蘇省の中堅鉄鋼メーカーが経営危機、生産ライン一部休止

2014年9月5日(金) 13時20分(タイ時間)
【中国】江蘇省無錫市を拠点とする中堅鉄鋼メーカーが生産停止に追い込まれつつある。

 経営危機がささやかれるのは、江蘇西城三聯控股集団公司が全額出資する江陰市西城鋼鉄公司。資金繰りの悪化が主因という。金陵晩報などが4日までに伝えた。

 こうしたなか、親会社の江蘇西城三聯控股集団は3日、「西城鋼鉄が資金不足で全面停止に追い込まれた」とする報道を否定しながらも、銀行の貸し渋りが経営に悪影響を及ぼしているとコメント。生産設備に関しては、「全面的な稼働停止ではなく、生産効率を引き上げるために一部の設備を休止し、減産態勢に移行しただけ」と強調した。各方面と交渉したうえで資金繰り難の打開を目指す方針という。破産を申請する予定はないと繰り返した。

 経営不振の背景には、国のマクロ調整策がある。過剰な生産能力を保有している点を問題視し、各銀行は鉄鋼企業向け融資を絞り込んできた。長期にわたる鋼材価格の低迷も痛手。中国の鋼材市況は、足元でキログラム当たり1.5人民元にまで下落し、2004年以来、10年ぶりの安値を切り下げた。

 中国企業聯合会、中国企業家協会が今月2日に共同で発表した「中国大手企業500社ランキング」で、西城鋼鉄は223位。鉄鋼企業に限定すると、中国20位にランキングされている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】不動産デベロッパーの深セン光耀地産公司が経営難に直面した。

【中国】中国で鋼材価格の下落が止まらない。足元の価格は500グラム当たりわずか1.45人民元と、白菜の5人民元をも下回る低水準で推移している。

【中国】鉄鋼業から融資を引き揚げる動きが中国の銀行間で出始めた。

【中国】在庫圧力が高まる中国の鉄鋼業界で、企業に暴走感がみられ始めている。



新着PR情報