RSS

中国:スキミングセット一式14万5000円、ネット上で公然と販売

2014年9月5日(金) 13時21分(タイ時間)
【中国】インターネット上でキャッシュカードの複製方法を学び、複製したキャッシュカードを使って第3者の口座から現金9万5000人民元(約161万2000円)を引き出していた男の存在が明らかになった。

 男は、ネット上で偽の身分証明書を購入。宅配会社の職員を装い、顧客から盗み取ったキャッシュカード情報を基にカードを複製していた。複製には、ネットショップで買い揃えた各種スキミング装置を用いたという。こうしたスキミング装置は、現在もネット上で公然と販売されている。揚子晩報が2日付で伝えた。

 「キャッシュカード複製」、「スキミング」などのワードで検索をかければ、ネット上の至る所でスキミング措置が売られていることが分かる。「キャッシュカードの複製可能。完全サポート付き。対面で、実際に試すこと歓迎。その場で使い方を教授、交渉可能」――など、客の目を引く宣伝文句が並んでいる。ホームページを持つショップから、連絡方法だけを明記した個人業者まで、販売スタイルは様々だ。

 キャッシュカードの複製セットとして、カードの磁気情報を読み取る機械、読み取った情報からカードを複製する機械、暗証番号を撮影するための超小型カメラ、必要なアプリケーション、情報が書き込まれていないカードなどが、一式およそ8500人民元(約14万5000円)で販売されている。操作は至極簡単で、ものの数秒でカード情報を盗み取ることができるという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、7日から13日にかけ、タイ南部クラビ市内のATM(現金自動預払機)を利用した人から、知らない間に銀行口座から現金を引き出されたという被害届が相次いだ。

【タイ】バンコク都内の現金自動預払機(ATM)で、利用者約40人がスキミング装置(カード情報を不正に読み取る装置)でカード情報を盗まれ、口座から現金を引き出される被害にあった。被害額は60万―70万...

特集



新着PR情報