RSS

中国:研究者数で世界首位に、米国追い抜く

2014年9月8日(月) 13時17分(タイ時間)
【中国】中国が研究者数で米国を追い抜いた。

 清華大学がこのほど発表した関連白書によると、中国の研究開発人材は11年に401万8000人に達し、世界全体の25.3%を占めた。米国の17.0%を上回り、世界首位となっている。政府系メディアが3日伝えた。

 研究者の増加ペースでも中国の勢いが目立つ。同白書によると、07~11年の研究者数の平均増加率は13.5%となり、世界全体の3.7%を大きく上回った。

 ただ、生産性の向上が中国の課題となる。就業人口当たりの国内総生産(GDP)で比較した労働生産性は、12年に1人当たり1万5868米ドル(約167万円)となり、世界57位にとどまった。労働力1万人当たりの研究者数は38人と、日本(133人)、韓国(135人)、ロシア(111人)などを大幅に下回っている。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報