RSS

日本航空、12月から名古屋―バンコク

2014年9月9日(火) 00時26分(タイ時間)
【タイ】日本航空(JAL)は12月20日から、名古屋(中部国際空港)―バンコク線を毎日1往復運航する。

 名古屋発午前10時半、バンコク着午後2時50分、バンコク発午後10時55分、名古屋着午前6時20分。使用機材は当初、ボーイング767―300ER型機で、2015年1月からボーイング787型機(ドリームライナー)に切り替える。

 ボーイング787のエコノミークラスは標準仕様で横9席配列だが、JAL機は横8列配列とゆとりを持たせた。シートにはUSBポート、タッチパネル式の大型個人画面などを設置した。ビジネスクラスは座席幅約54センチ、寝返りが打てるほどゆとりがあるフラットな専用シートを2―2―2で配列した。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】日本航空(JAL)は10月1日発券分から国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を値下げする。

【タイ】日本航空とタイの民間航空会社バンコクエアウェイズはバンコクエアウェイズが運航するバンコク発着の東南アジア路線でコードシェア(共同運航)を拡大する。

日本航空が羽田―バンコク線を毎日2便に、新座席機材の導入もnewsclip

【タイ】日本航空は3月31日、羽田―バンコク線を毎日2便に増便した。羽田空港の国際線発着枠の拡大に伴うもの。成田―バンコク線および関空―バンコク線を含むスケジュールは表のとおり。

特集



新着PR情報