RSS

千代田化工建設など マレーシアでRFCC装置受注

2014年9月9日(火) 00時27分(タイ時間)
【マレーシア】千代田化工建設は5日、同社、台湾のエンジニアリング最大手CTCI、マレーシアのシナリッツとMIEインダストリアルの計4社からなるコンソーシアムが、マレーシアでRFCC(残油流動接触分解)装置を受注したと発表した。契約額は約1300億円。

 マレーシア国営石油会社ペトロナスが同国南部ジョホール州ペンゲランで計画している石油精製・石油化学統合プロジェクト「RAPID」の一部で、日量14万バレルの重質油留分を付加価値の高い軽質油に転化させるRFCC装置を建設する。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】東洋エンジニアリングは21日、マレーシア国営石油会社ペトロナスからスチーム・クラッカー・コンプレックス(SCC)を一括受注したと発表した。受注額は約2400億円。

【ミャンマー】千代田化工建設は13日、ミャンマー建設省傘下の公共事業公社と共同で運営中の現地のグループ会社チヨダ&パブリック・ワークスがオフィス賃貸事業を開始すると発表した。

【シンガポール】千代田化工建設は26日、中東での石油・石油化学・ガスプラント事業を強化するため、ギリシャのエンジニアリング会社コンソリデイティッド・コントラクターズ・カンパニー(CCC)との合弁会...

特集



新着PR情報