RSS

中国移動がタイ通信キャリア3位に正式出資、900億円で18%株主に

2014年9月9日(火) 13時04分(タイ時間)
【タイ、中国】通信キャリア最大手の中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)は5日、タイ携帯通信キャリア3位のトゥルー・コーポレーション(トゥルー)に18%出資したと正式発表した。

 全額出資の中国移動国際控股公司を通じ、新株44億2942万株(増資後・発行済み株式総数の18%)を引き受けている。

 1株当たりの取得価格は6.45バーツ(約1.54香港ドル)。総額は285億7000万バーツ(約900億円)に上った。中国移動はトゥルーの2位株主となる。すでに取締役2人を派遣した。一方、増資後の筆頭株主(CPグループ)に変更はない。

 中国移動が単独で海外投資するのはまれ。過去のケースでは、親会社の中国移動通信集団公司がパキスタン携帯通信キャリア5位のPaktelを07年初に買収した後、その資産が中国移動に注入された。

 CPグループ傘下のトゥルーはトゥルー・ムーブ、トゥルー・ビジョン、トゥルー・カフェを通じて、固定回線、携帯電話、ペイテレビ、ネットカフェ業務を展開。グループ全体のユーザー数は2014年3月末時点で2900万人を数える。親会社のCPグループは、中国系タイ人、謝国民氏傘下の有力財閥。

 中国移動株は5日、前日比0.30%安の100.20香港ドルで取引を終えた。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】タイ最大級の財閥CPグループ傘下のタイ通信大手トゥルーは9日、株主割当増資と中国の携帯電話サービス最大手、中国移動を対象とする第3者割当増資で計650億バーツを調達すると発表した。

【タイ】タイ最大級の財閥CPグループ傘下のタイ通信大手トゥルーは2013年の売上高が前年比7・6%増の962・1億バーツ、最終損益が91・4億バーツの赤字だった。2012年は74・5億バーツの赤字。



新着PR情報