RSS

中国:ビキニ美女による洗車サービス、北京に続き江蘇省でも

2014年9月14日(日) 12時35分(タイ時間)
【中国】江蘇省秦州市に9日オープンした洗車店で、ビキニを身につけた4人のモデル美女が洗車を行うサービスがインターネット上で話題だ。

 洗車料金は、通常スタッフによる洗車の50人民元(約900円)に比べ、260人民元(約4500円)と割高。しかし初日の午前中だけで、6人の男性客が、“美女による洗車”を選んだという。現代快報が10日付で伝えた。

 この日、ロシア人2人を含む4人のビキニ美女たちの洗車サービスを受けた男性は、「30分以上かけて、4人がかりで洗車してくれるのだから、特に料金が高いとは思わない」と感想をもらした。さらに、「店からコーヒーやお茶のサービスもあった」と、満足した様子で語っている。

 同店の経営者は、市内に6店舗の洗車店をオープンする計画を立てていて、今回開店した店はその2店目。ビキニ美女による洗車サービスは、オープン初日のみの特別企画という。「省都の南京市からモデルを呼び、洗車の方法を教えた。洗い残しがないか、最後に専門スタッフがチェックする。費用が高いので、毎日彼女たちを雇うことはできない」と説明する。

 ビキニ美女による洗車は、北京市でも今年7月、自動車整備工場が開始した。しかしその際は、否定的な世論を受けて、早々に同サービスを停止している。1回の洗車料金は、880人民元(約1万5000円)だった。

 社会学者は、「このようなサービスは、完全に話題作りでしかない。一定の注目を集めるが、まともな戦略でないため、その後の発展に結びつかない」と述べ、ビジネスモデルとして取り入れる価値がない――との見解を示した。一方、洗車店の経営者は、「昨今、警備会社は、美人警備員を売り物にし、警察は、美人ばかりを集めた警官隊を編成するご時世だ。女性には穏やかさがあり、必ずしもビキニを着る必要はないが、サービスを提供する上で、より消費者に受け入れられやすい」と、持論を述べている。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報