RSS

日本の鉄道旅番組を共同制作、マレーシアで放送

2014年9月14日(日) 17時46分(タイ時間)
【マレーシア】日本テレビ放送網、住友商事とマレーシアのメディア大手メディアプリマグループは日本全国を鉄道で旅行するテレビ番組を共同制作し、2015年1月からマレーシアで放送する。

 制作・放送するのは、番組ホストである「旅人ヘンリー」が鉄道を利用してマレーシア国内を旅する紀行番組で、2010年にマレーシアで放送され人気を博した「ウェルカム・トゥ・ザ・レイルワールド」の日本編。北海道から沖縄まで日本全国の人気観光スポット、食や文化を紹介し、日本の魅力をマレーシアの視聴者に伝える。メディアプリマ傘下の番組制作会社プリマワークスと日本テレビが共同制作し、マレーシアの地上波放送チャンネル8TVで放送する。

 総務省の「地上波テレビジョンを活用した放送コンテンツの海外展開に関するモデル事業」の一環として、同事業の請負主体である三菱総合研究所と一般社団法人放送コンテンツ海外展開促進機構が連携して実施するモデル事業の一つとして取り組むもので、今後放送コンテンツの展開先として有望視されるアジア地域で、現地ニーズに応じた放送コンテンツを共同製作・放送することで、「日本ファン」の拡大を図るとともに、幅広く経済波及効果を生み出すことを目指す。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】日活と日本テレビ放送網は30日、タイの映像制作会社カンタナ・グループと合弁で、日本にコンピュータグラフィックス(CG)映像の企画制作会社を設立したと発表した。

【中国】広東省でテレビ放送されるニュース・チャンネルの音声が普通語(北京語)に統一される。実施は9月1日から。現在は午前9時から午後5時まで、広東語で報道されていた。複数の香港メディアが11日付で伝えて...

【シンガポール】アミューズ(東京都渋谷区 )は2日、同社所属アーティスト、WEAVERの新曲「Time Will Find A Way」が、TBSとシンガポール最大のテレビ局メディアコープの共同製作番組「Find the WASABI !」のテ...

特集



新着PR情報