RSS

偽警官、ゴルフ場でのカード盗難 在タイ日本大使館が注意喚起

2014年9月16日(火) 21時23分(タイ時間)
【タイ】在タイ日本大使館は16日、偽警官による詐欺、クレジッドカードのすり替えといった犯罪があったとして、在タイ日本人に注意を呼びかけた。

 「偽警官による詐欺」は、警官を装った男が所持品検査といって被害者の現金を奪うというもの。犯人(主に複数の男)はポリスバッジの様なものや写真付きの証明書の様なものを提示し、「●●事件を捜査中の○○警察」と言って被害者に接近。所持品検査と称して、所持品を取り上げ、「偽札の疑いがある」として、現金を奪う。

 「クレジットカードのすり替え」は、被害者がゴルフ場のロッカーに預けたクレジットカードを犯人が盗み、発覚を遅らせるため、他人名義のカードやカードのようなものを代わりに入れるというもの。数カ月後にカード会社から身に覚えがない利用請求が届くまで被害者が不正使用に気付かなかったケースもある。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】在タイ日本大使館は28日、日本人が関係する犯罪被害・加害、交通事故・違反が増えているとして、注意を呼びかけた。

【タイ】在タイ日本大使館は22日、最近、日本人観光客が、いわゆる「見せ金詐欺」と「抱きつきスリ」の被害に遭う事例が増えているとして、注意を呼びかけた。

【タイ】在タイ日本大使館は4日、バンコクのスクムビット地区で、日本人が台湾人と自称する人物から声をかけられ、現金をだまし取られる詐欺被害が発生しているとして、注意を呼びかけた。

特集



新着PR情報