RSS

iPhone6の中国発売、来年にずれ込む可能性も

2014年9月17日(水) 13時43分(タイ時間)
【中国】米アップルの最新スマートフォン「iPhone6」の中国販売は、来年までずれ込む――との観測報道が浮上している。

 当初は今月中にも中国当局からネットワーク接続認可が下りる見通しとなっていたが、何らかの原因で承認を得られなかった。現時点で再申請を行う日程は決まっていないという。21世紀経済報道が消息筋情報として伝えた。

 アップルは今月19日に日米や香港などで「iPhone6」を発売する。これに続く26日には、ロシアや台湾など17カ国でも予約受付を開始する運び。アップルにとって中国は最も重要な市場の一つとされる。ただ、現時点で発売国のリストには含まれていない。

 この報道を受け、16日の香港マーケットでは本土系通信セクターが大幅安。日本時間の午後3時20分現在、中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)、中国聯通(チャイナ・ユニコム:762/HK)、中国電信(チャイナ・テレコム:728/HK)が2~3%の幅で下落している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】米アップルは12日、最新スマートフォン「iPhone6」の第2陣発売国を公表した。今月26日からイタリア、スペイン、ロシア、台湾など17カ国で予約を受け付ける。

【中国】米アップルの最新スマートフォン「iPhone6」の増産に向け、EMS(電子機器の受託生産サービス)世界最大手の富士康科技集団(フォックスコン)が人員を増強する。

【中国】中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)北京支社の北京移動公司は、米アップルの最新スマートフォン「iPhone6」の予約を開始した。京華時報が2日報じたもので、中国本土での発売は今月19日となる見通し。

【中国】河南省省都の鄭州市に、スマートフォン(多機能端末、スマホ)をはじめとする携帯端末、エレクトロニクス製品の関連産業が集積している。



新着PR情報