RSS

「iPhone6」生産受託の富士康、工場フル稼働で毎日54万台出荷

2014年9月21日(日) 13時08分(タイ時間)
【中国】予約スタート初日だけで世界全体で400万台を超える注文が殺到した――などと好調が伝えられるなか、「iPhone6」や「iPhone6 Plus」の生産を請け負った富士康科技集団(フォックスコン)の傘下工場がフル生産態勢を続けている。

 河南省の鄭州工場では、1日当たりの生産・出荷台数が過去最高の54万台に膨らんだ。内訳は前者で40万台、後者で14万台に上るという。台湾経済日報が伝えた。

 大量の受注を消化するために、鄭州工場では生産ライン100本の全数が24時間稼働を継続。20万人を超える従業員を組み立てに動員しているものの、それでも需要に応じ切れない状況だ。今回の記録的な増産は、少なくとも2015年第1四半期まで続く見通しという。

 台湾を本拠とする鴻海精密工業(2317/TW)傘下のフォックスコンは、EMS(電子機器の受託生産サービス)で世界最大手。「iPhone」機種の大部分の生産を受託した。中国で展開するグループ工場の従業員総数は約160万人に上る。

 アップル社はこのほか、同じく台湾資本で華碩電脳(ASUS:2357/TW)傘下の和碩聯合科技(ペガトロン:4938/TW)も製品サプライヤーに指定。和碩聯合科技もまた、生産能力を増強しながら、大量の出荷に追われている。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報