RSS

外国人の住宅購入、6700万円以上に制限 マレーシア

2014年9月22日(月) 14時08分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア首都圏のスランゴール州政府はこのほど、外国人による住宅購入時の最低金額を200万リンギ(約6740万円)以上に制限した。スター(電子版)が伝えた。

 スランゴール州は日本人の居住者やロングステイヤーにも人気の地域だが、格安物件を購入する道は事実上絶たれた格好だ。

 同州では連邦政府の政策に基づき、今年1月から外国人による住宅購入の最低金額が50万リンギから100万リンギに引き上げられたばかりだった。
《newsclip》

注目ニュース

【東南アジア】ロングステイ財団は16日、毎年実施しているロングステイに関する意識調査の結果を発表し、マレーシアが7年連続でロングステイ希望国・地域でトップに選ばれた。タイは2位だった。

特集



新着PR情報