RSS

タイの祭事 2014年10月

2014年9月23日(火) 20時07分(タイ時間)
チョンブリ県水牛レースの画像
チョンブリ県水牛レース
9月24日―10月2日 Vegetarian Festival (菜食週間) プーケット県、トラン県、ソンクラー県ハジャイ市などの各中国寺院

 全国各地で行われる菜食週間。もともと中国系住民の行事だが、国内各地で催され、一般タイ人も参加する。10日間と決められており、身を清めるため、魚や肉のほか、臭いのきついものを食べてはならない。期間中ベジタリアン料理のみを出す食堂や屋台は、「齋(ジェー)」という黄色の旗を立てる。本来は菜食、禁酒のほか性交も禁じられており、期間中は白装束が義務付けられている。

 プーケットやトランなどの南部県では、県内の中国寺院で中国系住民による、火の上を走ったり、頬に巨大な串、剣、ゴムホースなどを刺して町を練り歩いたりする奇祭が催される。頬に痛みはなく、出血もないが、「未熟者」は血を流す場合がある。いずれも刺した跡は残らないという。

10月4―9日 Chong Phara Procession (Poi Lern Sip Et Tradition) メーホンソン県メーホンソン市ワット・プラターート・ドーイ・コン・ムー寺院など

 雨期明けに合わせて催される地元タイヤイ族の祭り。パレードやコンテストなどあり。 

4―10日 水牛レース チョンブリ県各地

 チョンブリ県恒例の水牛レース。水牛コンテストや屋台の出店もある。チョンブリ県庁舎前では7日にレースが行われる。

7日 Rap Bua Festival サムット・プラカン県ワット・バンプリー・ヤイ・ナイ寺院

 雨期明けの前日、仏像を乗せた船に向かって花を投げ入れる珍しい祭り。早くから混み合い、雨期明けといっても雨がまだ続く時期であるため、降られると移動することもままならず濡れることが多い。

8日 雨安居明け(オークパンサー、雨期明け) タイ各地

 暦上で雨期が明けるとされる日。この日を挟んで数日間、タイ各地で催し物が行われる。

8―9日 End of the Buddhist Lent Festival & Naga Fireball Phenomenon  ノンカイ県ノンカイ市メコン河沿い

 陰暦11月の満月の日とその前後に東北部ノンカイ県やウボンラチャタニ県のメコン川の水面から火の玉が上がる。「バンファイパヤーナーク」と呼ばれるこの火の玉は自然現象とされるが、詳しいメカニズムはわかっていない。当日はタイ各地から見物客が訪れ大混雑となる。

18日 Amari Watergate & BMW Thailand Charity Midnight Run バンコク アマリ・ウォーターゲートホテル前

 アマリ・ホテルグループによるチャリティマラソン。5000人以上が参加、6キトと12キロあり。深夜12時にスタート。 

詳細・問い合わせ:タイ政府観光庁 Tourism Authority of Thailand 電話:コールセンター 1672 毎日午前8時―夜10時
《newsclip》


新着PR情報