RSS

岸田外相、タイ軍政副首相兼外相と会談

2014年9月28日(日) 10時45分(タイ時間)
【タイ】日本の外務省によると、25日、国連総会出席のためニューヨークを訪問中の岸田文雄外相とタイのタナサク副首相兼外相(タイ国軍最高司令部司令官)が約35分間会談した。

 岸田外相は「タイが民政復帰に関するロードマップに沿って、民主化を進めることを期待する」と述べる一方、「日本とタイは長年の友好国であり、タイの新政府との間でも協力関係を強化したい」と伝え、欧米諸国が距離を置くタイ軍事政権との関係強化に躊躇(ちゅうちょ)しない姿勢を見せた。また、タイ側に対し、透明、公正な投資環境の整備、東日本大震災後の放射性物質に係る食品輸入規制の早期撤廃を改めて要請した。

 タナサク副首相兼外相はタイ軍政の民主化に向けた取り組みを説明。経済分野を含め、日本との緊密な協力関係を強化していきたいと述べた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ軍事政権が民主主義や政治に関する言論弾圧を強めている。

タイ軍政外相、日米大使と会談newsclip

【タイ】タイ軍事政権の副首相兼外相に就任したタナサク・パティマープラコン・タイ国軍最高司令官は外相としての仕事始めの初日である12日、米国のクリスティー・ケニー大使、佐藤重和大使と相次いで会談した。

タイ軍政首相、相続税と固定資産税導入明言newsclip

【タイ】タイ軍事政権トップのプラユット首相・陸軍司令官は12日、軍政が設置した暫定国会で、約2時間にわたり、施政方針演説を行い、年内に相続税、不動産税(固定資産税)を導入すると明言した。

タイ軍政首相 「王室」「仏教」「伝統文化」重視newsclip

【タイ】プラユット首相・陸軍司令官と閣僚は10日、タイ中部ナコンパトム県の国家仏教事務局を訪れ、タイ仏教の指導者であるソムデートプラマハーラチャマンカラージャーン僧(大僧正代行)に就任を報告した。

特集



新着PR情報