RSS

日本マニュファクチャリングサービス、タイでカンボジア人労働者派遣

2014年9月28日(日) 10時46分(タイ時間)
【タイ】日本マニュファクチャリングサービス(東京都新宿区)は26日、タイに現地法人「NMS(タイランド)」を設立し、人材派遣を開始すると発表した。

 カンボジアの人材エージェントと連携し、タイの製造業にタイ人とカンボジア人を派遣する。マナーや労働安全などの基礎教育も行い、派遣先企業の負担軽減、派遣人材の定着率向上を図る。将来的にはラオス人、ミャンマー人の派遣も目指す。

 タイでは労働力不足と人件費の高騰が進み、カンボジア、ミャンマーなど近隣国の労働力活用が課題となっている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ工業連盟(FTI)によると、香港の衣料品大手TALはタイ子会社タイ・ガーメント・エクスポートが運営するタイ東部プラジンブリ県の工場を労働力不足を理由に9月末で閉鎖する。

近隣国からの不法就労者に労働許可発行 タイ水産業拠点に登録センターnewsclip

【タイ】タイ軍事政権は6月30日、ミャンマー、カンボジア、ラオスからの不法就労者に労働許可証を発行する外国人労働者登録センターを、漁業、水産物加工の拠点である中部サムットサコン県に開設した。

人身売買、奴隷労働 英紙のタイ漁業報道が波紋newsclip

【タイ】英紙ガーディアンが今月10日、タイの漁船に売られたミャンマー人、カンボジア人らが奴隷労働を強いられていると報じ、関与を指摘されたタイの食品大手が釈明に追われた。

特集



新着PR情報