RSS

クールジャパン機構、ベトナムの冷凍冷蔵倉庫に出資

2014年9月29日(月) 13時08分(タイ時間)
【ベトナム】海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)、日本ロジテム、川崎汽船はベトナムに合弁会社を設立し、ホーチミン市郊外で、低温食品を適切な温度で管理するための3温帯(冷凍、冷蔵、定温)倉庫を建設運営する。

 新会社は資本金1500万ドルで、クールジャパン機構が49%、日本ロジテムが26%、川崎汽船が25%出資。2016年1月に事業を開始する予定。倉庫は敷地面積約2万平方メートル、総床面積約9300平方メートル。

 クールジャパン機構はベトナムでのコールドチェーン整備により、生鮮食品や加工チルド商品など日系の高品質な低温食品の流通拡大を目指す。

 クールジャパン機構は日本の商品、サービスの海外需要開拓に関連する支援促進を目指し、2013年11月、官民ファンドとして設立された。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム、カンボジア、タイ】鴻池運輸は8月1日から、ホーチミンシティ―プノンペン―バンコク間で、冷凍冷蔵商品の定期トラック混載便サービスを開始する。国境で積み替えず、同じトラックで配送するため、輸...

【ベトナム】鴻池運輸は5、6月中に、ベトナムの冷凍冷蔵倉庫会社アンファAGの全株式を取得する。

【タイ】福島工業(大阪市)はタイに100%出資子会社を設立し、業務用冷凍冷蔵庫、冷凍冷蔵ショーケース、製氷機などを製造する。



新着PR情報