RSS

ミャンマー、外銀9行に支店開設認可

2014年10月1日(水) 22時32分(タイ時間)
【ミャンマー】ミャンマー政府は1日、半世紀ぶりに外資系銀行による支店開設を日系3行を含む9行に認めた。

 AP電によると、認可を受けたのは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の日系3行のほか、バンコック銀行、中国工商銀行、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)、シンガポールのオーバーシーズ・チャイニーズ・バンク(OCBC、華僑銀行)、ユナイテッド・オーバーシーズ・バンク(UOB、大華銀行)、マレーシアのマラヤン・バンキング(メイバンク)。

 認可を受けた各行は支店1カ所の開設が認められるが、リテール(小口金融)には参入できず、外資系企業向けの外貨建て融資に業務が限定される。
《newsclip》


新着PR情報