RSS

東急電鉄、タイ東部シラチャーに日本人向け賃貸住宅

2014年10月2日(木) 01時55分(タイ時間)
【タイ】東京急行電鉄はタイに合弁会社を設立し、同国東部チョンブリ県シラチャーで日本人駐在員とその家族向けの賃貸住宅事業を行う。

 新会社は「サハ東急コーポレーション」。資本金3億3200万バーツで、東急電鉄が45%、タイの大手財閥サハグループが50%出資した。

 シラチャーはバンコクの南東約100キロ。タイ最大の貿易港であるレムチャバン港に近く、日系工場が多く進出している。日本人在住者は数千人に上り、2009年には日本人学校が開校した。

〈サハグループ〉
1942年設立。消費財、工業団地などの事業を展開し、グループ企業約300社、日系企業との合弁約80社。年商規模2000億バーツ。
《newsclip》

注目ニュース

東急百貨店、バンコク郊外に出店newsclip

【タイ】東急百貨店はタイのMBKグループと折半出資でタイに設立する合弁会社「PTリテール・コーポレーション」(資本金4億バーツ=約12億円)を通じ、MBKが運営するバンコク郊外のショッピングセンタ...

【ミャンマー】東急建設は17日、ミャンマーに建設事業を手がける合弁会社「ゴールデン・トウキュウ・コンストラクション」を設立したと発表した。資本金200万ドルで、東急建設が60%、現地パートナーが4...

【ベトナム】東京急行電鉄は25日、ベトナムの合弁会社ベカメックス東急がマンションプロジェクト「ソラ・ガーデンズ」の第1期一般販売を開始したと発表した。  「ソラ・ガーデンズ」は南部ホーチミン市中心...

特集



新着PR情報