RSS

味の素、タイ工場にバイオマスコジェネレーションシステム

2014年10月5日(日) 15時49分(タイ時間)
【タイ】味の素はうま味調味料「味の素」を生産するタイ子会社、タイ味の素のアユタヤ工場に、もみ殻を燃料とするバイオマスコジェネレーション(熱電併給)システムを導入する。

 2014年12月着工、2016年3月に本格稼働する予定。工場で使用する全ての蒸気を供給すると同時に、蒸気タービンで発電し、使用する電気の4分の1を自家発電に切り替える。投資額は12・5億バーツ(約40億円)。

 味の素グループ全体の2013年度のCO2排出量は約220万トンで、82%を海外工場が占めた。今回のバイオマスコジェネレーションシステム導入により、1年間に排出するCO2量の2・7%に相当する約6万トンを削減する。

 アユタヤ工場は「味の素」の年産能力6・4万トン、従業員約570人。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】味の素のマレーシア子会社マレーシア味の素はマレー系住民の家庭料理「グレービー料理」(ご飯にかけて食べるスパイシーな煮込み料理)をより簡単に作ることができる風味調味料「トゥミックスグレ...

【タイ】味の素は3月末から、タイ子会社のタイ味の素冷凍食品が製造する業務用の冷凍野菜餃子をロシアのモスクワとサンクトペテルブルグで日本料理店を中心とした外食市場向けに販売する。2016年までにロシ...

特集



新着PR情報