RSS

インチョン大会審判は「韓国寄り」9割 タイ世論調査

2014年10月6日(月) 14時52分(タイ時間)
【タイ】韓国のインチョンで9月19日―10月4日に開催された2014年アジア競技大会について、私立バンコク大学が10月2、3日にタイ全国の18歳以上を対象に実施した調査(回答者1213人)で、「審判が韓国寄りで不快だった」との回答が58・9%に上った。

 「審判が韓国寄りだったが、許容できる程度だった」は30・2%、「審判は公正だった」は6・9%にとどまった。

 「アジア大会を生放送で視聴した」は59・4%。「応援したスポーツ」は男子サッカーが38・8%と最も多く、次いで女子バレー37・8%、タクロー9・4%だった。

 インチョン大会には45カ国・地域が参加。タイのメダル獲得数は金12、銀7、銅28で、金メダルの獲得数は6位、メダル獲得総数は8位だった。
《newsclip》

特集



新着PR情報