RSS

2013年の邦人援護件数 1位は在タイ大使館、1216件

2014年10月7日(火) 12時57分(タイ時間)
【タイ】日本の外務省によると、2013年に在外公館が取り扱った海外での事件・事故にかかわる日本人の援護件数は前年比2・3%減の1万7796件、援護対象者は3・1%減の1万9746人だった。

 援護件数の内訳は▼窃盗被害4400件▼所在調査4258件▼遺失・拾得物3338件▼傷病788件▼詐欺被害397件▼困窮371件▼犯罪加害329件▼安否照会353件▼強盗被害294件――など。

 援護件数が最も多かった在外公館は在タイ大使館で1216件。以下、2位在上海総領事館1116件、3位在フランス大使館829件、4位在フィリピン大使館770件、5位在英大使館682件、6位在ニューヨーク総領事館663件、7位在ロサンゼルス総領事館655件、8位在バルセロナ総領事館410件、9位在韓国大使館358件、10位在中国大使館342件。

 在ホーチミン大使館は240件で16位、在チェンマイ総領事館は223件で19位だった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】在タイ日本大使館は29日、邦人が睡眠薬強盗の被害に遭ったり、違法薬物の所持で逮捕される事件が報告されているとして、日本人旅行者、在住者に注意を呼びかけた。

【タイ】在タイ日本大使館は26日、観光地やビーチリゾートでの違法薬物の押し売り、女性を狙ったわいせつ行為などの被害が報告されているとして、日本人旅行者、在住者に注意を呼びかけた。

【タイ】在タイ日本大使館は16日、偽警官による詐欺、クレジッドカードのすり替えといった犯罪があったとして、在タイ日本人に注意を呼びかけた。

【タイ】在タイ日本大使館は28日、日本人が関係する犯罪被害・加害、交通事故・違反が増えているとして、注意を呼びかけた。

【タイ】在タイ日本大使館は22日、最近、日本人観光客が、いわゆる「見せ金詐欺」と「抱きつきスリ」の被害に遭う事例が増えているとして、注意を呼びかけた。

【タイ】在タイ日本大使館は4日、バンコクのスクムビット地区で、日本人が台湾人と自称する人物から声をかけられ、現金をだまし取られる詐欺被害が発生しているとして、注意を呼びかけた。

特集



新着PR情報