RSS

ベトナムのタンカー、南シナ海で不明に 海賊か

2014年10月7日(火) 16時39分(タイ時間)
【マレーシア、ベトナム】ベトナム船籍のタンカー「サンライズ689」(6000トン)が今月3日未明、マレーシア東海岸沖の南シナ海で行方不明になったことが7日までに分かった。海賊の襲撃を受けた可能性が指摘されている。タインニエン(電子版)が伝えた。

 同船はベトナム北部ハイフォン市にある造船所の保有で、18人が乗り組んでおり、シンガポールの北東222キロメートルの公海上で無線連絡が取れなくなった。当時は石油を積み、シンガポールからベトナム中部のクアンチ省に向かっていた。

 ベトナム政府はマレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピンに捜索への協力を依頼した。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア、タイ】タイ運輸省海洋局に入った連絡によると、28日、シンガポールからタイに向かっていたタイの海運会社VLエンタープライズのタンカー「VL14」がマレーシアのマレー半島東岸、ティオマン...

【東南アジア】マレーシア、インドネシア、シンガポールの海軍は14日、マレーシア沖の南シナ海でシンガポールの船会社に所属するタンカーを攻撃していた海賊を発見した。国際海事局(IMB)がAFP通信に明らかに...

【タイ、シンガポール】マレーシア・クアラルンプールの国際海事局(IMB)に入った連絡によると、タイ籍のタンカー「MTオラピン4」が5月27日、シンガポールを出港し、インドネシア・ポンティアナクに向...

【中国】珠江デルタ地域(広州、香港、マカオを結ぶ三角地帯)で今年、航行中の船舶がディーゼル油や物品を奪われる事件が増加している。行政権(水上警察権)が複雑に入り組んでいることによって存在する「行政...

特集



新着PR情報