RSS

タイ航空 名古屋―バンコク増便、B787投入

2014年10月8日(水) 12時59分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は現在週3往復の名古屋(中部空港)夕刻発バンコク(スワンナプーム空港)行きTG647便と復路のTG646便を10月26日から12月末まで週5往復、2015年1月から毎日1往復に増便する。使用機材はボーイング787(ドリームライナー)。

 タイ国際航空の名古屋―バンコクは2015年1月以降、毎日2往復となる。

 日本航空(JAL)も12月20日から、名古屋―バンコクを毎日1往復運航する予定。使用機材は当初ボーイング767―300ERで、2015年1月からボーイング787に切り替える。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】日本航空(JAL)は12月20日から、名古屋(中部国際空港)―バンコク線を毎日1往復運航する。

【タイ】「エアバスA300―600型機を900万バーツで。解体、輸送費は買い手持ち」――。

【タイ】タイ国際航空は24日、無料で預かる受託手荷物の重量上限を同日付で10キロ引き上げ、ファーストクラス50キロ、ビジネスクラス40キロ、エコノミークラス30キロにすると発表した。米国線は対象外。

【タイ】タイ国際航空の4―6月期売上高は前年同期比9・2%減の427・7億バーツ、最終損益は76・5億バーツの赤字だった。



新着PR情報