RSS

〈インタビュー〉 e.point (THAILAND)  ウェブサイト・プリントメディア制作 日系企業を中心に実績300社超

2014年10月10日(金) 01時25分(タイ時間)
〈インタビュー〉 e.point (THAILAND)  ウェブサイト・プリントメディア制作 日系企業を中心に実績300社超の画像
〈インタビュー〉 e.point (THAILAND)  ウェブサイト・プリントメディア制作 日系企業を中心に実績300社超
別所 繁美 氏 (Managing Director)

――御社概要をお聞かせください

 弊社は2006年9月設立の、ウェブサイトとプリントメディアの制作を中心とするIT会社です。本社は株式会社アイテックス(京都市)で、IT業務のほかロジスティクスを中心に営業しております。

 タイ進出のきっかけは、本社地元の市場飽和です。日本国内で事業拡張を模索するよりは海外に目を向けるべき、という判断でタイ現法の立ち上げとなりました。

――当時のタイはウェブサイトが今ほど普及していませんでしたが?

 身寄りのない一からの開拓だったため、飛び込み営業などでお客様を探す日々が続きました。仕事につながらない外回りも多かったのですが、スパ、マッサージ、レストランなどからお引き合いをいただき、一つ一つこなしていくうちに口コミで広く評価してもらえるようになりました。

 今では公的機関、教育機関、企業・メーカーなどのお客様が多く、その数は過去の実績を含めて300社を超えます。タイ国内のみならず日本からの受注も多くあります。

――具体的な業務内容は?

 デザイン、プログラミング、システム開発といったウェブサイト制作に関する全般的な業務です。会社案内、商品カタログ、リーフレットといったプリントメディアの制作も手がけています。

 ペーパーレス時代といわれて久しいですが、プリントメディアは減るどころか増える一方です。ウェブサイトとは立ち位置の異なるツールです。

――ウェブサイトとプリントメディアのそれぞれの特徴は?

 ウェブサイトは最新情報の即時提供と迅速な修正・訂正に長けた媒体であり、プリントメディアは物理的にお客様に渡せる媒体です。

 ウェブサイトは自発的な閲覧がなければ目にしてもらえません。一方のプリントメディアは押しが効きます。すなわち手渡すことによって目にしてもらえます。紙で見せて興味をもってもらい、ウェブサイトで最新情報を確認してもらう、というツールの使い分けが可能です。また、「パワーポイントは社内向け、外に配る媒体ではない」とするお客様も多くいらっしゃいます。

――同業他社が多いと思われますが御社の特徴といったものは?

 言われたものをただ作るのであれば、地場並みの料金設定も可能でしょう。弊社はしかし、その先を考えて常に提案しております。

 例えばSEO対策です。検索でヒットしやすいであろうキーワードをお聞きし、そのキーワードの有効性を調べます。期待するほどに使われていなければ、真に必要とされるキーワードを探していかなければなりません。

 作ろうとしているサイトはどのように閲覧されるべきなのか、どのように利用されることを望まれているのかといった質問をお客様に投げかけ、答えを一つ一ついただきます。「客任せだ」という批判につながる心配もあるのですが、一緒に考えていくことが成功につながると考えています。

――日本人スタッフ常勤の強みは?

 もちろんあります。お客様の多くが日系企業で日本人の感覚に合った作りをご希望されますから、日本人スタッフ常勤は必須です。

 その一方で、タイ人スタッフの役割も多大にあります。日系企業であっても、ウェブ管理はタイ人スタッフが担当するのが通常です。担当者が急に退職すると「サーバーの場所も分からない、パスワードも分からない」といった事態に陥ることが少なくありません。そのようなとき、タイ人スタッフが活躍します。

 もちろん、タイ人向けのウェブサイトはタイ人向けの仕様とするのが望ましいです。日本人とは異なるセンスで作り込むことが必要です。

――楽天出資のタラートドットコムのページなども手がけていらっしゃいますが?

 タラートドットコムに掲載する各お客様ページのタイ語制作を受けております。通信大手トゥルーのショッピングサイト、Weloveshopping(ウィ・ラブ・ショッピング)のページ制作も弊社で受けております。

 注目度が高いところでは、全日本製造業「コマ(駒)大戦」バンコク場所のサイト制作(th.komataisen.asia)があります。コマ大戦はこれまでボリビア、インドネシア、ベトナムで行われ、今年は工作機械・工具・金属加工技術の国際展示会「METALEX」の最終日(11月22日)に同会場で開催。優勝者は来年2月15日に横浜で開催予定の世界大戦に出場する権利が得られるため、多くのタイ人が注目しています。

――今後について

 これまでどおり、日系企業のお役に立てるトータルなサポートを続けていきます。納品して終わりではなく、情報アップロードのお手伝いといった末永いアフターサービスにも努力していきます。

――ありがとうございました


e.point (THAILAND)
住所:Unit No. 703, 7th Fl., YADA Bldg., 56 Silom Rd., Suriyawongse, Bangrak, Bangkok 10500
電話:0-2236-7400 ファクス:0-2236-7401
Eメール:epoint@power-bangkok.com
ウェブサイト:www.power-bangkok.com
《newsclip》

特集



新着PR情報