RSS

中国:太陽光パネルメーカーのデフォルト相次ぐ、上場企業にも余波

2014年10月12日(日) 18時15分(タイ時間)
【中国】中国の太陽光発電パネルメーカーが続々と債務不履行(デフォルト)に陥っている。

 無錫尚徳太陽能(サンテックパワー)、*ST上海超日太陽能科技(002506/SZ)に続き、新たに索日新能源公司のデフォルトが明らかとなった。その余波は上場企業を含む取引先にも広がるなど、拡大の動きを見せている。広州日報などが9日伝えた。

 アパレル販売や不動産事業を手がける浙江東方集団(600120/SH)は8日、索日新能源の資金繰り悪化を受け、同社に対する債権3億8800万人民元(約68億円)の回収が困難となっていると情報開示した。これは14年上期売上高の8.5%に相当する規模という。

 浙江東方集団によれば、業況の悪化による経営不振が続き、索日新能源は現時点で債務の返済が不可能な状況という。そのうえで、債権の保全に向けて、索日新能源と協議を続けていく考えを明らかにした。

 中国の太陽電池業界では、欧米との貿易摩擦や供給過剰による価格下落を受けて数年前から厳しい事業環境が続く。政府は過剰生産問題の是正に向け、業界再編を加速させる方針を示している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

タイの太陽光発電会社SPCG、36カ所全てが稼働 出力250メガワットにnewsclip

【タイ】タイの太陽光発電事業会社SPCGは6月30日、東北部スリン県の太陽光発電所2カ所が運転を開始し、計画していた太陽光発電所36カ所すべてが稼働したと発表した。

タイの工場賃貸大手タイコン、倉庫屋根に太陽光発電パネルnewsclip

【タイ】タイの工場倉庫賃貸大手タイコン・インダストリアル・コネクションは倉庫3カ所の屋根に太陽光発電パネルを設置し、第3四半期に稼働する。23日、タイの土木エンジニアリング会社DEMCOと覚書に調...

【中国】中国の太陽光発電市場がドイツに代わって世界最大規模に拡大したようだ。漢能控股集団などが7日、業界リポート「全球新能源発展報告2014年」で明らかにした。

【カンボジア】シャープは6月下旬にカンボジアのプノンペンで開業する予定のショッピングセンター「イオンモールプノンペン」に太陽光発電システムを納入する。

シャープ、タイで大規模太陽光発電所受注newsclip

【タイ】シャープは27日、タイで出力約52メガワットの大規模太陽光発電所の建設を受注したと発表した。



新着PR情報