RSS

中国:政府が鉄道建設プロジェクト3件を認可、総投資額1.7兆円

2014年10月17日(金) 11時43分(タイ時間)
【中国】中国の国家発展改革委員会はこのほど、鉄道建設プロジェクト3件を認可した。総投資額は合計で958億7800万人民元(約1兆6600億円)に上る。複数メディアが16日伝えた。

 総投資額が最も大きいのは玉渓~磨ハン(雲南省)線の445億1000万人民元。同路線は雲南省の中堅都市・玉渓を起点とし、峨山、プーアル、シーサンパンナなどを経て、ラオスとの国境の街・磨ハンに至る。

 錦州港(遼寧省)~白音華(内モンゴル自治区)、大理~瑞麗(雲南省)の2路線も建設が認められた。総投資額はそれぞれ256億3800万人民元、257億3000万人民元に設定されている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ、マレーシア】東日本旅客鉄道(JR東日本)はタイとマレーシアで鉄道車体のラッピング広告を行う。

【シンガポール】東芝は23日、永久磁石同期モーター(PMSM)を用いた鉄道車両向け駆動システムのエンジニアリング、販売、据え付けを行う合弁会社をシンガポールに設立すると発表した。

【マレーシア】日本テレビ放送網、住友商事とマレーシアのメディア大手メディアプリマグループは日本全国を鉄道で旅行するテレビ番組を共同制作し、2015年1月からマレーシアで放送する。

バンコクの鉄道パープルライン、2015年末に試運転か 車両・システムはJR東などnewsclip

【タイ】タイ電車公社(MRTA)によると、バンコク北部バンスーと北西郊外のバンヤイを結ぶ都市鉄道パープルライン(全長約23キロ)は2015年末に試運転を開始し、2016年半ばに営業運転を開始する見...

【タイ】タイ軍事政権は29日の会合で、総額2兆4000億バーツの交通インフラ整備計画(2014―2022年)を承認した。



新着PR情報