RSS

タイ財閥TCC、不動産ディベロッパー買収へ

2014年10月19日(日) 17時40分(タイ時間)
ゴールデン・ランドのタナポン・シリタナチャイ社長の画像
ゴールデン・ランドのタナポン・シリタナチャイ社長
写真提供、GOLDEN LAND PROPERTY DEVELOPMENT
【タイ】タイの大手財閥TCC傘下の不動産ディベロッパー、ゴールデン・ランド・プロパティ・ディベロップメントは14日、タイの同業、クルンテープ・ランドの買収を目指す方針を明らかにした。

 クルンテープ・ランドの株式39・3%をSMJCリアルエステートから取得し、他の株主2社、フレイザーズ(タイランド)とプロパティ・パーフェクトにも株式譲渡を求める。全株を取得した場合、買収額は約35・6億バーツに上る。

 クルンテープ・ランドは高級戸建て住宅、チャオプラヤ川沿いのマンション「PANO」(地上55階、345戸)などを開発。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ王室財産管理局が所有する在タイ日本大使館隣接地の借地開発権をタイの大手財閥タイ・ジャルーン・コーポレーション(TCC)が獲得した。

バンコク地下鉄シリキットセンター駅前にオフィスビルとホテルnewsclip

【タイ】タイの大手財閥TCC傘下の不動産ディベロッパー、ゴールデン・ランド・プロパティ・ディベロップメントはバンコク地下鉄MRTのクイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター駅前にオ...

特集



新着PR情報