RSS

中国:北京故宮が年間パス初発売、5239円で年10回参観可能

2014年10月23日(木) 12時48分(タイ時間)
【中国】世界遺産に指定されている北京市の故宮博物院(博物館)で21日、2015年度の年間パスポートが正式発売された。

 故宮の入場チケット予約販売サイト「http://gugong.228.com.cn」で購入できる。チケットは300人民元(全額:約5239円)と150人民元(半額:約2619円)の2種類。後者は60歳以上の高齢者、学生(小・中・高・大学生、※成人の学生、大学院生は含まず)、北京市社会保障金の受領者に限定される。年間パスポートは、1年に10回(専門館は含まず)の見学が可能。ただし、見学者が急増する国慶節連休中は使用することができない。年間パスポートは実名登録制で、使用は本人に限られる。毎年10月に来年度分が売り出される。正式発売に先駆けたプレ(試験)販売(10月3~20日)では合計184枚を売り上げた。うち全額が82枚、半額が102枚となっている。

 年間パスポート発売の背景には安全面や収蔵物の保護、見学者向けサービス向上の観点から、集中する来場者の流れを分散させる狙いがある。故宮ではこれまでにも、各シーズンによって入場料金を調整してきた。毎年4月1日~10月31日の観光シーズンは60人民元(約1047円)、11月1日~3月31日のシーズンオフは40人民元(約698円)に設定されている。また今年は試験的に3日間の限定(9月12~14日)で、14時以降の入場料金を半額の30人民元に引き下げるなどの措置を取ってきた。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】北京観光名所の「故宮北門」で海外観光客が違法営業三輪車のぼったくりに遭う被害が頻発している。

【中国】北京市警察は3月30日、外国人単身旅行者を狙った無料ガイドを騙る「客引き」とその一味を詐欺容疑で逮捕したと発表した。



新着PR情報