RSS

三菱重工、ベトナムでB777の乗降扉生産開始

2014年10月23日(木) 20時22分(タイ時間)
【ベトナム】三菱重工業は22日、ベトナムの100%子会社MHIエアロスペース・ベトナムがハノイに建設した工場が完成し、同日、米ボーイング社の大型旅客機B777の乗降扉の生産を開始したと発表した。

 新工場はハノイ郊外のタンロン工業団地にあるMHIエアロスペース・ベトナム本社工場を増築するかたちで建設した。建屋面積6500平方メートル。

 MHIエアロスペース・ベトナムはまた、ボーイングの小型旅客機737のインボード・フラップの出荷が累計1000機となった。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】ミャンマーの航空会社エア・マンダレーは三菱航空機製の旅客機、MRJ90型機(座席数70―90)10機(確定6機、購入権4機)を2018年から導入する。三菱航空機が15日、発表した。

【シンガポール】三菱重工業は11日、慶應義塾大学とシンガポール国立大学(NUS)が設立した研究機関と共同で、バスの車内で運行状況や付近の店舗などの情報をリアルタイムで知らせるシステムを開発したと発...

【シンガポール】三菱重工業は17日、アジア地域で事業を展開するグループ会社の財務を統括する100%出資の金融子会社をシンガポールに設立する。

【タイ】三菱重工業は20日、タイ南部ナコンシータマラート県カノム郡の火力発電所建設をフルターンキー契約で受注したと発表した。

【タイ】三菱重工業はタイなど海外の生産拠点に約110億円の設備投資を行い、ターボチャージャーの年間生産能力を現在の580万台から2015年までに890万台まで増強する。早期に乗用車用ターボチャージ...



新着PR情報