RSS

ベトナムで外国人の不動産購入規制緩和へ

2014年10月26日(日) 18時41分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム国会で外国人の不動産購入規制を緩和する内容の住宅法改正案が審議されている。25日付ベトナムニュースが伝えた。

 改正案が成立すれば、ベトナムに居住するか事業を営む個人や法人がこれまでよりも広く住宅購入を認められ、第三者に賃貸することが可能になる。

 現行法でも外国人の住宅購入は一定条件下で可能だが、実際にはベトナム人の配偶者による購入が大半を占めるなど、購入件数は伸び悩んでいる。第三者への賃貸は現在は禁止されている。

 ただ、一部地域では購入が制限され、物件には外国人購入枠が定められる見通しだ。
《newsclip》

注目ニュース

〈コラム:変わりゆくタイ東部〉 相次ぐ高級マンション開発、急増するパタヤ在住日本人 newsclip

タイで暮らして早25年、うち20年を東部で過ごしている。プラチンブリ県に数年、残りのほとんどはチョンブリ県パタヤだ。

【マレーシア】マレーシア首都圏のスランゴール州政府はこのほど、外国人による住宅購入時の最低金額を200万リンギ(約6740万円)以上に制限した。スター(電子版)が伝えた。

特集



新着PR情報