RSS

チェンマイからヤンゴン、プーケットなど バンコクエアが4路線

2014年10月28日(火) 00時36分(タイ時間)
チェンマイからヤンゴン、プーケットなど バンコクエアが4路線の画像
チェンマイからヤンゴン、プーケットなど バンコクエアが4路線
写真提供、Bangkok Airways
【タイ】タイの民間航空会社バンコクエアウェイズは26、27日、タイ北部チェンマイとタイ南部プーケット、タイ東北部ウドンタニ、ミャンマーのマンダレー、ヤンゴンを結ぶ直行便の運航を開始した。

 チェンマイ―ウドンタニは毎日2往復で、使用機材はATR72型機(70席)。

 チェンマイ―プーケットは毎日1往復で、使用機材はエアバスA320型機(162席)。

 チェンマイ―ヤンゴンは週4往復で、使用機材はATR72。

 チェンマイ―マンダレーは週3往復で、使用機材はATR72。

 バンコクエアは1968年設立。バンコクのスワンナプーム空港を拠点に、南部のサムイ島、北部スコータイといったタイ国内と、カンボジア、ラオス、ミャンマーなどに定期便を運航。また、サムイ空港、スコータイ空港、タイ東部のトラート空港を所有運営している。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクエア、A320型機1機を新規導入newsclip

【タイ】タイの民間航空会社バンコクエアウェイズが新規導入した欧州航空機大手エアバス製の旅客機、エアバスA320型機1機が25日、バンコク郊外のスワンナプーム空港に到着した。

【タイ】日本航空とタイの民間航空会社バンコクエアウェイズはバンコクエアウェイズが運航するバンコク発着の東南アジア路線でコードシェア(共同運航)を拡大する。

特集



新着PR情報