RSS

インドのシク教テロ組織幹部、タイに潜入か

2014年10月29日(水) 02時09分(タイ時間)
【タイ】タイ治安当局は、2004年にインドで脱獄したテロリストのインド人男がタイに潜入した可能性があるとして、警戒を強化した。

 男はシク教国家「カリスタン」の樹立を目指してインド北西部パンジャブ州などで活動する組織「ババル・カルサ」幹部のジャグタル・シンハ・タラ脱獄囚。タイのテレビ報道によると、同脱獄囚がタイに潜入した疑いがあるとの連絡がインド政府からあった。同脱獄囚はタイ南部からマレーシアに潜入する可能性があるとみられている。

 「ババル・カルサ」はインド政府によりテロ組織に指定されている。日本の公安調査庁によると、「ババル・カルサ」は日本人2人が死亡した1985年の成田空港手荷物爆発事件、同事件と同じ日に起きたトロント発ロンドン行きインド航空機爆破テロ事件(乗客、乗員329人死亡)、1995年にパンジャブ州で起きた同州首相殺害テロ事件、2005年にニューデリー市内の2カ所で発生した映画館爆破テロ事件などを実行したとされる。
《newsclip》

注目ニュース

テロ容疑者100人カレンダー タイ当局が作成newsclip

【タイ】タイ当局はタイ深南部のテロ容疑者100人の顔写真と氏名を掲載した2015年のカレンダーを作成し、配布を始めた。

【中国】新疆ウイグル自治区巴音郭楞蒙古自治州(バインゴリン・モンゴル自治州)輪台県で21日に起こった同時爆破事件に関し、地元公安当局は25日までに、綿密に計画された組織的な「重大テロ襲撃事件」と断定した。

【中国】中国新疆ウイグル自治区の喀什(カシュガル)地区莎車(ヤルカンド)県で発生した武装グループによるテロ襲撃事件に関し、同自治区共産党委員会は3日、暴徒215人を拘束し、59人を射殺したと報告した。

タイ深南部30カ所で連続テロ マレーシア国境の町で1人死亡、9人けがnewsclip

【タイ】11日夜、タイ深南部のヤラー県とナラティワート県の約30カ所で、爆破、放火、銃撃が相次いだ。

タイ深南部ヤラー市で連続爆破テロ 1人死亡、約30人負傷newsclip

【タイ】6日午後から7日朝にかけ、タイ深南部ヤラー市内の数カ所で爆弾が爆発し、約30人が死傷した。

特集



新着PR情報