RSS

富士通、ベトナムでIT農業実証試験

2014年10月29日(水) 13時06分(タイ時間)
【ベトナム】富士通とベトナムのIT(情報技術)大手FPTはハノイにITを活用した温室を建設し、農作物の施設栽培を行う。

 富士通が開発した農業経営を支援するクラウドサービス「Akisai」を導入し、2015―2016年の1年間、農作物の品質と生産性の向上、コスト削減に向けた実証試験を行う。

 施設栽培を行う温室は、政府機関をはじめ、農業分野に関心を持つベトナムの関連企業に農業技術を紹介するショールーム的な役割も果たす。富士通とFPTは今回の実証実験を通じて、ITを活用した農業技術の普及、ベトナムでの農業技術の発達と農業分野の発展を支援する。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】ヤンマーはベトナムでマグロ漁船の近代化支援プロジェクトを展開する。

【ミャンマー】サタケ(広島県東広島市)が昨年10月にミャンマーに納入した大型精米プラントが順調に稼働している。

【ベトナム】ヤンマー(大阪市)は28日、ベトナム南部カントー市のカントー大学内に駐在員事務所を開設すると発表した。カントー大学と協力し、農業研究を行う。

【ベトナム】サタケ(東広島市)は17日、ベトナムの稲種子・農薬生産販売および精米大手アンザン・プラント・プロテクションと、コメの乾燥・精米、分析・品質管理、付加価値米に関する技術協力の覚書を締結し...

特集



新着PR情報