RSS

ベトナム中銀、預金金利上限を引き下げ

2014年10月29日(水) 13時52分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム国家銀行(中央銀行)は28日、主要政策金利であるドン建て預金金利上限(預け入れ期間1カ月以上6カ月未満)を6・0%から5・5%に引き下げると発表した。

 また、ドル建て預金の金利上限も1・0%から0・75%に引き下げる。29日から実施する。貸出金利の引き下げを誘導し、景気刺激を図るのが狙い。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中央銀行は17日の金融政策委員会(MPC)会合で、政策金利(翌日物レポ金利)を年2%に据え置いた。据え置きは、4会合連続で、大方の予想通りだった。

【タイ】タイ中央銀行は12日の金融政策委員会(MPC)会合で、政策金利(翌日物レポ金利)を年2・25%から2%に引き下げた。

特集



新着PR情報