RSS

マンダリン・オリエンタル、バンコク・チャオプラヤ川岸の高層マンションを受託運営

2014年10月31日(金) 01時48分(タイ時間)
【タイ】香港を拠点とするホテル大手マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループは29日、バンコクのチャオプラヤ川沿いの大規模複合不動産プロジェクト「アイコンサイアム」のマンションを受託運営すると発表した。

 名称は「レジデンシズ・アト・マンダリン・オリエンタル・バンコク」。地上52階、146戸(専有面積132―690平方メートル)で、2018年完工の予定。建設費は約70億バーツ。

 「アイコンサイアム」は川沿いの土地約8ヘクタールに、ショッピングセンター(SC)、高層マンション、博物館などのアトラクションを建設するプロジェクトで、高島屋が2017年に出店する予定。投資総額は約500億バーツ。事業会社アイコンサイアムにはバンコク都心でSCのサイアムディスカバリーセンター、サイアムセンターなどを運営するサイアム・ピワット、タイ最大級の財閥CPグループと同財閥の不動産ディベロッパー、マグノリア・クオリティ・ディベロップメントが出資した。

 マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループは「アイコンサイアム」のチャオプラヤ川を挟んだ斜向かいの対岸で、高級ホテル「マンダリン・オリエンタル・バンコク」を運営している。
《newsclip》

注目ニュース

高島屋、2017年にバンコク出店newsclip

【タイ】高島屋は21日、バンコクのチャオプラヤ川西岸に2017年に完成する予定の大型複合施設「アイコンサイアム」に百貨店を出店すると発表した。高島屋のタイ出店は初めて。

チャオプラヤ川沿いで大規模複合不動産開発 タイ財閥CPなどnewsclip

【タイ】バンコクのチャオプラヤ川沿いで、大規模複合不動産プロジェクト「アイコンサイアム」の開発が始まった。



新着PR情報