RSS

パキスタン首相が11月訪中、3兆円規模のインフラ整備契約へ

2014年10月31日(金) 14時59分(タイ時間)
【中国】パキスタンのシャリフ首相が11月11日、中国を訪問する。期間中、300億米ドル(約3兆円)を超えるインフラ建設契約が締結される見通し。

 これには、中国の新疆ウイグル自治区とパキスタンのグワダール港を結ぶ、全長数千キロの道路建設計画が含まれる。ほかに、総延長1000キロの天然ガスパイプライン、合計容量1万メガワット(MW)の発電所を整備する構想もあるという。中国証券網が29日伝えた。

 パキスタンの地元メディアはこれより先、両国がパキスタン北部の交通運輸ネットワークの構築で協力する意向と報じていた。鉄道、道路、空港、港湾を含む輸送網の整備に関して、提携を強化する意向とされる。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

タイ外務次官が訪中、異例の厚遇newsclip

【タイ】タイ軍事政権の外相代行を務めるシーハサク外務次官は11日、北京で中国の王毅外相、楊潔チ国務委員(副首相級)と会談した。

特集



新着PR情報