RSS

韓国ポスコ、タイ東部に自動車用溶融亜鉛めっき鋼板工場

2014年11月2日(日) 20時39分(タイ時間)
【タイ】韓国鉄鋼大手ポスコはこのほど、タイ東部ラヨン県アマタシティ工業団地で、自動車用溶融亜鉛めっき鋼板工場を着工した。生産能力は年45万トンで、2016年6月の完成を見込む。

 タイ投資委員会(BOI)によると、投資額は約100億バーツ。 

 新工場では溶融亜鉛めっき鋼板と合金化溶融亜鉛めっき鋼板を生産し、タイに進出した自動車メーカーに供給する。

 ポスコは自動車用鋼板を韓国から輸出してシェア拡大を図るには限界があると判断し、タイへの工場設置で東南アジアでの市場開拓に弾みを付ける構えだ。

 新工場の完成で、ポスコの海外での自動車用鋼板生産能力はメキシコ、中国、インドと合わせ、合計年220万トンとなる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】新日鉄住金は独自商品の高耐食性めっき鋼板「スーパーダイマ」をタイで生産する。「スーパーダイマ」の海外生産は初めて。

【タイ】新日鉄住金は2日、タイ東部ラヨン県ヘマラート・イースタン工業団地に建設した溶融亜鉛めっき鋼板工場が営業運転を開始したと発表した。

【タイ】JFEスチールは22日、タイの100%出資子会社JFEスチール・ガルバナイジング(タイランド)がタイ初の自動車用溶融亜鉛鍍金(めっき)鋼板製造設備をタイ東部ラヨン県ヘマラート・イースタンシ...



新着PR情報